男性へのプレゼントにも?パリ発のおしゃれすぎる香水ブランド「BULY(ビュリー)」の魅力

代官山にある「BULY」、実はこちらのお店はもともと、1803年フランス・パリで創業した総合美容薬局「L’OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルゼル・ビュリー)」が日本に出店したもの。本物にこだわった天然成分で作られた製品や、19世紀パリへと誘うようなブティックの内装が魅力です。パッケージデザインもかわいらしく、どこをとってもすてきすぎる香水ブランドなんです!さまざまな芳香品をはじめ、オーラルケアからフェイス、ボディなど幅広い製品を取り扱うブランドなので、ちょっと変わったものをプレゼントしたいなというときや、男性へのプレゼントにもおすすめですよ。

19世紀パリのブティックにタイムスリップ

「BULY」があるのは東京・代官山。お散歩がてら裏路地を歩いていると、コンクリート壁が出現!外観からBULYの洗練された魅力がひしひしと伝わってきます。

東京のモダンとパリの伝統という全く違う要素を、1店舗の中で再現しようとしたそうです。確かにフランスを想わせるどっしりとした重厚なエッセンスに加え、現代調の東京の要素も感じられました。この違いはぜひみなさんも目で見て感じてほしいと思います。


床下のタイルまでおしゃれでした。どこまでも行き届いた世界観に圧倒されます。

フランス絵画を想わせるパッケージ

こちらの写真は、せっけんの入れ物。印象的なデザインばかりのおしゃれなパッケージですよね。まるでアートギャラリーのような陳列に心弾みます。せっけんとしてだけでなく、サシェとしても活用されているそうです。これだけかわいいと、お部屋のインテリアとしても使えそうですよね。

スポンサーリンク


こちらは『香り付きのマッチ』。手のひらに乗るサイズ感がたまりません。香り付きのマッチだなんてほんとうにおしゃれです。お友達にプレゼントしたらびっくりしてもらえそう。


実は「BULY」では歯磨き粉やマウスウォッシュ、シェービングクリームも扱っているそう。さすが総合美容薬局から始まったブランドです。印象的なパッケージなので、男性にプレゼントしてもおもしろいですよね。ちょっといつもと違うものをプレゼントしたい、なんて時に、もってこいですよ。

最高品質の原材料と、ゆるぎないこだわり

アルコールを一切使用せずにスキンケア用品を作ったことから始まったブランドなため、展開するアイテムも原材料の良さを最大限引き出し、天然成分で作られているそう。ローズや蜜蝋、植物由来の物だけで作られ、不純物も入っていません。品質の高さを誇るブランドですね。

ぜひ、代官山に行った際は立ち寄ってみてください。「BULY」の世界観がぎゅっと詰まったブティックに虜になることまちがいなしですよ。

2018.6.7 追記:

パリの総合美容専門店「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」の日本2号店が、京都にオープンしました。

L’OFFICINE UNIVERSELLE BULY 本店
住所/東京都渋谷区恵比寿西1-25-9 B1F
営業時間/11:00〜20:00
定休日/年中無休

オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー 京都
住所/京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL1階
営業時間/11:00〜20:00
定休日/年中無休

https://www.buly1803.com/en/

[文・構成/émotta編集部]

スポンサーリンク