日本初の種子オイル配合。「trilogy」の敏感肌向けシリーズがリニューアル

「trilogy(トリロジー)」とは、2002年にニュージーランドの姉妹によって立ち上げられたオーガニックコスメブランドです。ブランドの誕生きっかけにもなったローズヒップオイルを扱った製品は、世界の20か国以上で愛されています。自然由来の成分にこだわりながらも、やさしくお肌を守るtrilogy。今回はリニューアルされたtrilogyの敏感肌向けシリーズをご紹介いたします。

生まれ変わったベリージェントル

わたしたちのお肌は、日々のストレスに加え多くの化学物質に晒されています。また大気汚染からお肌を守る機能について着目されている今日、スキンケアでいかに肌を守り、バリア機能を高め、ストレスから守れるか。それを研究して生まれ変わったのが、trilogyのNewベリージェントルなんです。
今回は、既存の3製品(クレンジングクリーム、美容液、クリーム)のリニューアルだけでなく、新たに美容オイルとマスク、アイクリームの3製品がデビュー。敏感肌を包括的にケアできるラインナップに生まれ変わりました。頼もしいですね。


新しくなったベリージェントルのキー成分として新たに配合されたのが、「マキベリーシード」と「シーバックソーンオイル」。スーパーフードとしてもおなじみのマキベリーは高い抗酸化作用があり、奇跡の果実と呼ばれるシーバックソーンオイルには肌のバリア機能もあります。敏感な肌を植物の恵みが整え、ハリのあるお肌に導いてくれる成分がこんなにもプラスされているんですね。


パッケージデザインも既存のものに比べ、女の子らしさがプラスされました。重厚感がありながらも淡いピンクがかわいらしく、置いておくだけで目に嬉しいですね。以前はチューブタイプだったものがポンプタイプにリニューアルされたので使いやすさもプラスされました。

trilogyのこだわり

trilogyは、単に天然成分を使用するのではなく、自然由来の成分と科学を駆使し、効果を得られるコスメを作ることを大切にしています。日々素晴らしい原料を探すことに注力し、新たなレシピに取り組み続けています。 “ナチュラルながら、効果を得る” それが彼女たちの目指すナチュラルスキンケアのブランドなんです。自然の力によってもたらされる健康的な肌こそ、美しさのすべてですよね。さすが、女性が生んだスキンケアブランドです。

スポンサーリンク

さっそく試してみました

試してみたのは、今回ベリージェントルシリーズに新たに追加された『Very Gentle Moisturising Cream(ベリージェントルモイスチュアライジングクリーム)』です。すぐに乾燥してしまう肌を潤いのバリアで保護するクリーム。付属のスパチュラを使い、濃厚な真っ白のクリームを手になじませてみて、とても驚きました。


肌のカラーがワントーンアップし、もちもち肌になっています。しっかりと潤いが手の甲全体に行き届いているのを感じました!今回は手の甲で試しましたが、実際にフェイスに塗ったら大きな効果がありそう。1日中、潤いの行き届いたお肌で過ごしたいものです。


trilogyはエイジングサインにアプローチもできますし、気になる部分のケアからはじめてみるのもおすすめですよ。潤いたっぷりで生まれ変わったtrilogy、みなさんもぜひ試してみてくださいね。

trilory(トリロジー)ベイージェントルライン
ベリージェントル クレンジングクリーム / \5,400
ベリージェントル カーミングフルイド / \5,400
ベリージェントル カーミングオイル / \5,800
ベリージェントル モイスチュアライジング クリーム / \6,000
ベリージェントル ハイドラマスク / \4,800
ベリージェントル アイクリーム / \5,600
http://www.trilogyproducts.jp/

[文・構成/émotta編集部]

スポンサーリンク