Gina 4月号『Ungridのフェミニンコスメ6点セット』

20代後半から30年代前半向けのファッション雑誌である「Gina(ジーナ)」4月号が発売されています。復刊2周年記念であるこの春、豪華なBIGプレゼントとして用意された特別付録は「Ungrid(アングリット)」の『春のフェミニンコスメ6点セット』。心躍る春は、洋服と一緒にメイクも一新!雑誌を買って、ついでに春のメイクセットもゲットしてしまいましょう。

豪華!これさえあれば、春メイクができちゃう?

さっそく、春のフェミニンコスメ6点セットの中身をご紹介します。

リップグロス3種類(ライトブラウン、ヌーディブラウン、ローズピンク)、クリームアイシャドウ、ハイライト&ローライトパレット、ネイルカラーという豪華すぎる内容。

これさえあれば、本当に春メイクが完成してしまいます。


雑誌の中では、実際にこのコスメセットを使用したメイク方法が書いてあります。なりたい顔に合わせて使ってみるのがおすすめ。

試してみました

まずはリップカラー。手に乗せてみると想像以上に発色もよく、ぷるんと潤ったくちびるを再現できそうです。

◆ライトブラウン
今季トレンドのブラウンリップはクールとフェミニン、両方をあわせ持った色味です。透明感もあり、肌馴染みもよく、おとなフェイスを作るのにはぴったりです。

スポンサーリンク

◆ヌーディブラウン
ほんのりラメ入りのベージュは女性らしさを添えられる一色。色味をおさえて、艶だけで仕上げるのはもちろんですが、普段使いの口紅との重ねづけもおすすめです。

◆ローズピンク
濃すぎず、甘すぎないローズカラーが子供っぽくならず大人の色気を演出。春のピンクメイクをしたい、なんて時もおすすめですよ。

◆ラベンダーピンクネイル

一塗でも充分すぎるほどの発色が嬉しいネイル。手元が一気に華やかになりますよね。はやりのパープルとピンクの中間のようなくすみカラーはとっても旬なんです。コーディネートのアクセントや、仕上げに使ってあげてもかわいいですよ。

容器のかわいさが魅力

今回の付録「Ungrid」が掲げている理想の女性像は「カジュアルをヘルシーに着こなし、自然体で笑顔の似合う女性」です。そんなイメージ像にもぴったり合う、シンプルな容器も魅力。

パールピンクのクリームシャドウは、そこまでピンクが強くなく、ほんのり桜色になります。上まぶたと下まぶた両方に塗れば、一気に春メイクの完成ですよ。

雑誌の付録とは思えないクオリティのコスメ6点セットで、大人っぽく、女性らしさあふれるメイクをかなえましょう。Gina4月号、ぜひお手に取ってご覧になってくださいね。

Gina(ジーナ)2018年4月号
出版社:ぶんか社
発売日:2018/3/7

[文・構成/émotta編集部]

スポンサーリンク