日本橋「ここ滋賀」で買える!”紫草”で作ったオーガニック化粧品「MURASAKI no ORGANIC」をチェック♡

2018年4月26日、滋賀だけに咲く特別な花から生まれた滋賀県産のオーガニックコスメ「MURASAKIno」が誕生しました。国内では絶滅危惧種と言われている『紫草(ムラサキ)』を原料に使用しています。なぜか滋賀県東近江市でしか咲かないという『紫草』。

滋賀県の豊かな土地の特別な花を使用した化粧品は、自然を凝縮した特産品として話題になっています。国内ならではのやさしいオーガニック化粧品で、頑張り続ける肌をたっぷり潤わせましょう。

『紫草(ムラサキ)』の秘密

「MURASAKI no ORGANIC」の商品にはすべて『紫草(ムラサキ)』の成分が配合されています。
その『紫草』とは一体どのような花なのか。
原料とされているのは、紫草の根っこの部分である『紫根(シコン)』です。パッケージデザインにも採用されている通り、紫草の根の部分です。

日本古来から漢方薬としても使われてきた『紫根』は、肌の保湿効果や、さまざまなお肌のトラブルから守る保護効果が高いと言われています。そんな紫根エキスを使用した化粧品は、美容業界からも注目が集まっています。

理由は材料の生産地。これまで存在した紫根エキスの化粧品は、中国産の”セイヨウムラサキ”を使用しているものがほとんどでした。しかし、滋賀県東近江市だけでは『紫草』が咲き、国内では難しいと言われてきた紫根エキスの抽出が可能となったからです。滋賀の、美しい自然と澄んだ空気や水に育てられた優しい力を、あなたのお肌で感じてください。

『紫根』が働きかける3つのパワーと、こだわりの滋賀県産成分

とろ~っとした乳液。滑らかに、肌を包み込んでくれるような質感です。肌がみずみずしくなるような感じがします。基礎化粧品は、洗顔・化粧水・乳液・美容液の4種類。


『紫草』だけでなく、オイルや化粧水には滋賀県産のナタネ油やヒマワリ種子油、ツユクサエキスを使用しているのもポイントです。天然植物の力で、肌の健やかさをめざしましょう。

全てのアイテムに含まれる滋賀県産の紫根エキスには、3つのパワーがあると言われています。

1. お肌の悩みに働きかけトラブルから守る
2. ターンオーバーをサポートしてなめらか肌に
3. 日焼けによるシミ、ソバカスの改善につながる

というもの。
さまざまな肌トラブルから肌を守り肌環境を整える効果や、ターンオーバーの促進、ツヤや明るさも保てるとなると、『紫根』の効果がとても優秀なことが伺えます。
「MURASAKi no ORGANIC」の基礎化粧品4つを、そのまま全部使ってみたくなりました。

女性の美しさの枕詞になってほしいという願い

枕詞とは、和歌に用いられる修辞法のひとつであり、”万葉集”の頃から使われてきました。
その”万葉集”の代表的な恋歌に『紫草』が使われているのだそうです。

「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守りは見ずや 君が袖ふる」(額田王)

「紫草の にほへる妹を 憎くあらば 人妻故に われ恋ひめやも」(大海人皇子)

この相聞歌は、求愛のしるしであった袖を振る行為を見られないかと心配する額田王に、あなたを憎らしく思うことが出来れば、人妻であるあなたに恋をすることもないのに。という激しい愛を描いた歌です。

和歌で詠まれる『紫草』は、美しさや高貴なものを象徴する枕詞として使われてきたのです。
現代を生きる女性にも、紫草のように美しさの枕詞になってほしい。
そんな素敵な願いが込められています。

希少な紫草を使用した「MURASAKI no ORGANIC」は正真正銘made in Japanの化粧品。
日本で昔から愛されてきた紫草を原料とし、天然素材にこだわったピュアな化粧品というだけで安心して使える気がします。良さそうなアイテムは試してみたくなるのが女性の性ですよね。ぜひ、皆さんも滋賀県産の「MURASAKI no ORGANIC」、チェックしてみてください!

スポンサーリンク

MURASAKIno
・洗顔
¥2,750(税別)
・化粧水
¥3,500(税別)
・乳液
¥3,750(税別)
・美容液
¥4,500(税別)
www.murasakino.organic/index.html

[文・構成/emotta編集部]

スポンサーリンク