日本上陸間近!フランス産「ル・ショコラ・デ・フランセ」のBIOチョコレート

「ル・ショコラ・デ・フランセ」の保存料無添加の上質なBIOチョコレートは、チョコレートとアートを愛するフランスで2014年に誕生しました。アーティストによってデザインされたアートポップなパッケージは世界的にも注目されています。デザイン性が高く、ぱっと目を引くのでバレンタインデーのお返しにもぴったりですよ。

フレンチのアーティストによって描かれたデザインに注目

「ル・ショコラ・デ・フランス」のチョコレートは、「サロン・デュ・ショコラ」(パリ発、チョコレートの祭典)で新しく独創的なブランドに授与される「Best Your Chocolate Award」を受賞しました。イラストレーターや風刺画家など50名ものアーティストを集め、約200種類ものパッケージを出展しました。
想像するだけですごいですよね。こんなにアートポップなチョコレートは見たことがありません。さすがフランスです。

ロゴマークの赤いカエルは、カエルを食する文化フランス人がイギリス人に「Flog」との揶揄されることを逆手に取った、遊び心のあるデザインだそうです。とてもユニークで惚れてしまいました。


パッケージデザインの共通点は、どこかフランスやパリらしさをイメージさせること。スタイルは様々ですが、はっきりとしたフランスらしさを強く感じられますよね。

無添加!こだわりぬかれた品質のBIOチョコレート

有機農産物、有機加工食品を意味する「BIO」。無添加で作られた自慢のBIOチョコレートは、健康志向の方にぴったり。日本でも食生活が見直され、食の安全や栄養価への興味がぐんと上がってきているように感じます。素朴な「BIO」のイメージを覆すような、アーティスティックなパッケージデザインと融合したチョコレートはまだ日本にほとんどなく、とても魅力的。

スポンサーリンク


「ル・ショコラ・デ・フランセ」のチョコレートはエクアドル産およびガーナ産の厳選されたカカオ豆を使用し、植物油や保存料は一切使わず、カカオバター100%で作られた正真正銘made in france。パリ郊外の小さな工房で、職人により手作りされているというのも驚きです。こだわりを感じますよね。

コレクター多数続出?? お土産やプレゼントにも

プレゼントに最適なパックタイプのものもありました。食べないで飾っても楽しめそうです。こんなにも本格的なアート食品なので、パッケージデザインのコレクターも多いそうですよ。以前は日本のために作られた限定のパッケージデザインのものもあったそう。またそんな機会があれば絶対に手に入れたいものですよね。


現在「ル・ショコラ・デ・フランセ」の専門店は日本にはありませんが、徐々に取り扱い店舗も増えており、セレクトショップや雑貨屋さん、POP UPストアなどで手に入ります。かわいいだけじゃない、品質にもこだわりぬいたmade in franceのチョコレート、出会ったらパケ買いしてしまうこと間違いなしです。

le chocolat de francais(ル・ショコラ・デ・フランセ)
https://www.lechocolatdesfrancais.fr/fr/laventure

[文・構成/émotta編集部]

スポンサーリンク