日本初上陸!ミシュラン1つ星「ティム・ホー・ワン 」に行ってきました

[最終更新日]2018/07/26
[記事公開日]2018/04/09

「ティム・ホー・ワン(添好運)」は2010年にはミシュラン1ッ星を獲得したレストラン。 「世界一安いミシュランレストラン」として香港で人気の点心専門店です。 アジア各国、オーストラリア、ニューヨークに展開し、今回はついに日本に上陸し、オープンしたばかりの「ティム・ホー・ワン」日本1号店に行ってみました。


オープン日(4月8日)に行ってみましたが、これがとてつもない大行列。
6時間待ちとのことで断念。
やむなく次の日に再チャレンジしました。
開店の1時間前から待つことでなんとか入店。
その後、時間が経つにつれてまた長い行列ができていました。


注目メニューの「ベイクド チャーシューバオ」はもちろんのこと、片っ端からどんどん頼んでみました。“世界一安いミシュランレストラン”と称されるとおり、価格もリーズナブルなのがうれしいですね。


代表メニューのひとつ「ベイクド チャーシューバオ」が到着。
チャーシュー餡を記事で包み、表面をオーブンで焼いています。


中にはチャーシューたっぷりの餡がぎっしり。
表面はメロンパンのようにサクサク甘く、中の餡のとの相性もばっちり。
大きさも丁度よく、おやつ感覚でも食べられそうな印象。
これは是非ともテイクアウトしたい!人気なのが頷けるメニューです。


こちらも代表メニュー「大根餅」です。
見た目からしてモチモチ!


少し箸を入れると裂けるほどのやわらかさ。
口の中に入れるととろけていきます。


「海老とニラの蒸し餃子」です。
クセが少なくとても食べやすいメニューになっています。


「チャーシューのチョンファン」です。
甘辛いソースをたっぷりつけて食べましょう。
とてもトロトロなのでつるっと食べることができます。
他のチョンファンには「海老とニラ」「青ネギ」が選べますがこのソースにはチャーシューの香ばしさが合う気がしました。でも他のチョンファンも食べてみたいですね。


店員さんが目の前でソースをたっぷりかけてくれます。


「塩豚のお粥 ピータンと塩卵入り」です。
ほどよい塩気でピータンがアクセントになっています。


全体的に本場のような香辛料や塩分は抑え目な印象。
もの足りない方は卓上の調味料で本場の味にカスタマイズできます。


せっかくなので追加で注文してみました。
これもおいしそう!


「鶏足の香港式煮込 アワビソース」です。
これは絶対注文しましょう!
香辛料の風味が鋭く、身体が香港に飛ばされたような気持ちになります。
ぷりぷりでコラーゲンもたっぷり。オススメの一品です。


「湯葉巻きオイスターソース蒸し」です。
とても肉厚でしっかりと味の染みた湯葉を楽しむことができます。


店内の雰囲気はとても活気があり、香港の本場のような、ワイワイガヤガヤな雰囲気もしっかりありました。とてもカジュアルに香港点心を楽しむことができるレストランです。
しばらくは行列が続きそうな「ティム・ホー・ワン」、平日なら狙い目かもしれません。

【詳細】
ティム・ホー・ワン 日比谷店

住所:東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 別館1F
営業時間:11:00~23:00(LO 22:00)
定休日:年中無休(ただし施設の休館日有り)
お問い合わせ:03-6550-8818
公式サイト:http://timhowan.jp/

■メニュー
・ベイクドチャーシューバオ
¥580
・大根餅
¥480
・海老とニラの蒸し餃子
¥580
・チャーシューのチョンファン
¥680
・塩豚のお粥 ピータンと塩卵入り
¥480
・鶏足の香港式煮込み アワビソース
¥580
・湯葉巻きオイスターソース蒸し
¥580

[文・構成/émotta編集部]



あなたにおすすめの記事

                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •