LAから上陸!「ファットバーガー」を食べてみました

  • 130views
  • 7

2018年4月28日(土)にロサンゼルスのハンバーガー専門店「ファットバーガー」が日本初上陸しました。大迫力でボリューミーなハンバーガーが話題のお店です。 今回は渋谷に上陸した「ファットバーガー」に行ってみました。


オープン初日に行ってみると、とてつもない長さの行列ができていました。
「ファットバーガー」はビルの7Fですがそこから階段で4Fまで列が続いています。
1名あたり10分ほどの時間が掛かるとのこと、これは長丁場になりそうです。
しかし、お店に向かってエスカレーターで昇っても列には加わることができず、そこから階段を降りて列に加わることになります。できればしっかり案内をしてほしかった気もします。


メニューを見せてもらいました。
今回のお目当てはUSキングバーガーです。
お肉は690g、大迫力のバーガーに期待が膨らみます。


並んでいるときに店員さんからポップコーンとお水を頂きました。
オープン初日限定とのこと。
待っている間に食べるわけにもいかなかったので、とりあえずは持って帰ることになりました。


ようやく順番がきたので注文します。
注文すると店員さんが元気な掛け声を出して、店内の店員さん達がその掛け声に反応します。終始賑やかな店内です。
番号札を受け取ってテーブルで待ちます。


+300円でソフトドリンクが追加できますが、同じ料金でポテトセット(ポテト+ソフトドリンク)が選択できるのでもちろん、ポテトセットを選択しました。ソフトドリンクは自分で好きなドリンクを入れて飲むことができます。


10分~15分ほど待ってバーガーが到着しました。
注文してからお肉を焼いているようで少し時間がかかるみたいです。


これが「USキングバーガー」です。
価格は¥2,560。
お肉が6枚入っているので大迫力です。
各具材もむき出しでこれは写真を撮ってくれと言わんばかりの、見た目を意識した挟み方です。

スポンサーリンク


バーガーの半分は紙で包んであり、しっかりと持ってかぶりつくことができるようになっています。「ファットバーガー」のハンバーガーはどれもボリュームも満点ですが、食べにくいという心配はなさそうです。
ただ今回はあまりも分厚いので少し大変そうです。


お肉はこんな感じです。
表面は少しカリッとしていて、結構ウェルダンな焼き加減です。
食べてみると、ジューシーな肉汁がたっぷり!というわけではなく少しパサついた感じ。
しっかり焼いたお肉が好きな人向けなのでしょうか、ちょっと想像していたパテではないですね。これは好みが分かれそうです。

やはりハンバーガーなので豪快にかぶりついてみます。
無料のマスタードやケチャップをタップリかけて食べてみます。
大きめのピクルスもしっかり入っていますね。
これは何だかおいしそうです。


大きく口を開けて食べたつもりなのですが、あまりにも分厚くてこれぐらいが限界でした。
ボリューム感はすごいですがやっぱりお肉が少しパサパサしている印象です。
焼き方によってまた印象が変わるかもしれません、次回来たときは少しまた変わっているかもしれません。


ポテトは太さを選ぶことができます。
今回は太い(ファット)を選択。
たしかに太くて食べ応えがありそうです。


ケチャップをつけて頂きます。
これはとてもホクホクしていておいしかったです。
このポテトは頼むなら絶対ファットがオススメです。

ついに上陸した「ファットバーガー」。
これからが注目です。

FATBURGER JAPAN
住所/〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目23−10 MAGNET by SHIBUYA 109 7階 MAG7
営業時間/11:30~23:00
https://www.fatburger.tokyo/

USキングバーガー
650g /¥2,560
émotta評価:★☆☆☆☆

[文・構成/émotta編集部]

スポンサーリンク