昼休みが勝負!14時には完売「和菓子 まめ」の和菓子を美味しくいただきました

[最終更新日]2018/07/13
[記事公開日]2018/05/15

「和菓子 まめ」は南青山にある、とてもオシャレな和菓子屋さんです。 和菓子1つ1つ厳選した種類を、丁寧に仕上げられる数だけ作っています。 大変人気がある商品ばかりなので、売り切れてしまうものが多く、なかなか手に入れられないこともある「和菓子 まめ」の和菓子をいただきにいってみました。


南青山にひっそりとたたずむ和菓子屋さんです。
新しく綺麗な店舗なのですが、どことなく歴史を感じる雰囲気です。


お店に入ると、とてもかわいらしい和菓子が大きなお皿にまるで美術品のように陳列されています。
1つ1つの和菓子を丁寧に作っていることがうかがえますね。
菓子は日持ちがあまりしないので、少ない量をしっかり丁寧に作っているようです。
メニューの種類も絞っていているようで、丁寧な仕事と和菓子に対する愛が感じられます。


小分けで買うことができるのでいろいろな種類を箱に詰めて自分だけの和菓子セットを作ることができます。詰め合わせのセットで販売されているとこれはできないので嬉しいポイントですね。柏餅は「つぶ」「こし」「みそ」の3種類です。
もちろん3種類とも買ってみました。


「和菓子 まめ」はあんこがおいしいお店。
そのあんこを味わうことができるおはぎも買ってみました。
13時過ぎに来店しましたが、店内には既に売り切れの商品もありました。
土地柄、お昼休みに買いに来る方もいらっしゃるので午後にはお目当ての商品が無くなっている可能性は大です。気になる商品があるときは午前中に行くことをオススメします。


私好みの和菓子セットを作ってみました。
こんな感じでお友達の家に持っていけると喜んでもらえそうです。


1つ1つが袋に包まれているので取り分けるのも簡単です。
箱の中で崩れてしまう心配もありませんし、手が汚れることもありませんね。


新鮮なあんこが売りなので、おはぎと柏餅はその日のうちに食べましょう。
柏餅からは袋から開けた途端、フワッといい香り、これも作り立てだからこそ味わえる感覚ですね。


まずは柏餅から味わってみます。
つぶあんは小豆1つ1つがとても大粒でゴロっとしています。
口に入れた時の歯ごたえや食べ応えはしっかりしていますね。
小豆をしっかり味わいたい人にはオススメです。


こしあんはつぶあんに比べて滑らかな口当たりです。
とても食べやすく、口の中でのお餅との混ざりも良く食べやすい一品です。
味わいたい人はこしあんをオススメします。


とても珍しいみそ味も試してみましょう。
見た目は白あんに近いですが、味わいはしっかりとした塩気も感じられる味噌です。
熟成された味噌の香りがとても良く
甘みがそこまで強くはないのでとてもさっぱり食べることができます。
独特の塩気でお餅の甘みが際立つので私は一番のお気に入りになりました。


おはぎも食べてみましょう。
作り立てのおはぎの表面は餡子が光沢を放っています。
「和菓子 まめ」の自慢のあんこをしっかり堪能することができます。
こちらも食べ応えのある大きな小豆が特徴です。
小豆のうまみが重視されており、甘さも控えめなのでペロリと食べられそうです。


中はふんわりとしつつも、口に入れると弾力があり噛めば噛むほどもち米の甘みを感じることができます。もち米部分は白色ではなく小豆がしっかり練りこまれています。


お友達の家にお土産として持っていく際にもオススメです。
いろいろな種類を買って持っていき、みんなでお茶しながら食べると楽しそうです。
ケーキ等のように、切り分ける手間も必要もないのでシェアもしやすいですね。


小売りでの購入は観光にきた際にもとても便利、その日のうちに食べた方がいいので気になった和菓子を1つ買って、その場ですぐに食べることもできます。
是非、皆さんも「和菓子 まめ」の和スイーツを食べてみてくださいね。

【詳細】
■和菓子 まめ

住所:〒107-0062 東京都港区南青山3−3−18
営業時間:水~土 10:30-18:30 (売り切れじまい)
定休日:日・月・火   
お問い合わせ:03-3479-2588
アクセス:銀座線「外苑前」駅1A出口より徒歩6分、銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A4出口より徒歩6分

■柏餅
販売価格:各¥260(税込み)

[文・構成/émotta編集部]



あなたにおすすめの記事

                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •