渋谷店先行販売!渋谷マルイの「生クリーム専門店ミルク」で『生クリーム使用 濃厚生ソフトクリーム』を食べてみた

[最終更新日]2018/08/23
[記事公開日]2018/04/29

2018年4月29日(日)から、東京・渋谷のマルイに生クリーム専門店「ミルク(MILK)」がオープンしています。いつもスイーツを引き立てる役割だった生クリームに着目し、”生クリームを食べるため”に作られた生クリームが主役のスイーツを取り扱うスイーツ専門店です。ポップアップショップでは、ひと月で3万人が来店するほど賑わいをみせたお店。1時間半待ちは当たり前だったほど話題を呼んでいたそうですよ。そんな、生クリーム専門店「ミルク(MILK)」の、研究を重ねた末に完成した究極の”生クリームスイーツ”を味わってみましょう!


「ミルク(MILK)」渋谷店には、マルイの出入り口に2台ベンチがあるだけでイートインスペースのようなものはありません。テイクアウト専用のお店のようです。余談ですが、原宿店はカフェになっておりスイーツも本格的でドリンクも用意されています。

渋谷店のメニューは現在4種類。

『01 牛乳使用 ミルキーソフトクリーム』
『01 生クリーム使用 濃厚生ソフトクリーム』

『02 牛乳使用 ミルキーソフトパフェ』
『02 生クリーム使用 濃厚生ソフトパフェ』

『03 ミルキークリームのふわとろシフォンケーキ』

『04 生クリームシェイク』

です。『01』と『02』は、牛乳使用のものか、生クリーム使用のものなのかを選択できます。

お目当ては渋谷駅先行販売という、『生クリーム使用 濃厚ソフトクリーム』でしたが、まずは店員さんも一押しの1番人気の定番商品を頂きます!生クリームを美味しく食べるために作られた、『ミルキークリームのふわとろシフォンケーキ』を注文しました。テイクアウトでどのようにシフォンケーキを食べるのか疑問でしたが、こんなに可愛らしい入れ物に入っていました!これはインスタ映えが狙えそうです。

シフォンケーキの上に、ふわふわの生クリームが乗せてある状態。
たまに襲ってくる生クリームを食べたい!という欲求を見事にかなえてくれるスイーツです。軽やかで口当たりの良い生クリームが広がります。

そして!こちらが渋谷店のみで先行販売しているという『生クリーム使用 濃厚ソフトクリーム』です。
コーンは通常のソフトクリームと変わらないように感じますが、ソフトは何が違うのか試してみます。

受け取ってびっくり。形がとっても綺麗です。巻きがとても太く、大きいソフトのこのフォルムが、「ミルク(MILK)」を有名にしたような気がします。しばらく持っていても、すぐには溶けませんでした。

不純物一切なし!つやつやのソフトクリームです。

一口食べましたが、とっても濃厚!
先ほどの、『ミルキークリームのふわとろシフォンケーキ』よりも濃厚に感じました!
ですが、生クリームが入っているからなのか、やはり口当たりがまろやかで軽やかです。
心なしか、重量さえも軽いように感じます。

美味しさにはこだわりが!

濃厚で美味しかった「ミルク(MILK)」ですが、その美味しさには、こだわりが3つあります。

一番こだわるのは、要である牛です。
1年の半分以上が霧で覆われるという北海道根釧地区の広大な土地は牛にとって好ましい涼しい環境です。そこで牛を育てています。ストレスなく、のびのびと育てることで新鮮で美味しいミルクを出せます。

さらに、「ミルク」は異なる乳脂肪分の生クリームをオリジナルブレンドしています。
“濃厚”であり、”すっきり”した味わいを再現するために100種以上の試作を行い行きついた究極のブレンドということです。確かに「ミルク」のスイーツは、濃厚でありながら、歩きながらでもパクパク食べられてしまうほど、すっきりした味わいでした。

最後に、生クリームに空気を含ませふんわり、なめらかな口当たりに仕上げました。キメが整い、口溶けが良いソフトクリームだったのはこのためだということがわかりました。


SNSでもよく見かける「ミルク(MILK)」のスイーツ。渋谷マルイ店でしたら渋谷駅からも近いので、これからの季節、冷たいソフトクリームを食べたくなったらぜひ足を運んでみてくださいね!

【詳細】
ミルク(MILK)

営業時間:月~土/11:00~21:00、日祝11:00~20:30
住所:東京都渋谷区神南1-22-6 渋谷マルイ1F
アクセス:ハチ公改札口より徒歩3分
お問い合わせ:03-6427-0079
公式サイト:http://milk-craftcream.com/

■メニュー
・生クリーム使用 濃厚生ソフトクリーム
¥500(税込)
・ミルキークリームふわとろシフォンケーキ
¥600(税込)

[文・構成/emotta編集部]

あなたにおすすめの記事

                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •