5月限定!ビアードパパの「濃い抹茶シリーズ」3種と、今月イチ押し『かりんとうシュー』を食べてみた

シュークリーム専門店ビアードパパから「濃い抹茶シリーズ」と「かりんとうシュー」が2018年5月1日(火)~5月31日(木)の期間限定で販売されています。 濃い抹茶は、宇治抹茶を贅沢に使用した、深みと渋みのきいたシュークリーム。かりんとうシューは、黒糖をまとったカリカリのオリジナルかりんとう風生地にあずき入りのクリームが詰められた一品。1か月間しか味わうことができない期間限定スイーツ、シュークリームと抹茶、かりんとうの相性はどうなのでしょうか。


ビアードパパから濃い抹茶シリーズは5月中の期間限定商品です。
深みと渋みが売りとされており、本格的な味を堪能できます。
京都の宇治抹茶を使用したビアードパパが贈る贅沢な一品です。
生地の表面にも抹茶パウダーが降りかかっており、中も外も抹茶づくしなスイーツになっています。これは期待できそうです。


期間限定の抹茶シリーズは全3種類
・クッキーシュー 濃い抹茶クリーム
・パリブレスト 濃い抹茶クリーム
・パイシュー 濃い抹茶クリーム
ビアードパパおなじみのスイーツに使用されている個性的な生地と抹茶のコラボレーションです。


同様に5月限定の『かりんとうシュー』も気になる一品です。
見た目はまさに丸いかりんとう、表面に塗られた黒糖がカリカリになっておりきれいな光沢を放っています。これも楽しみな和スイーツです。


保冷剤をつけてもらって持って帰ってきました。
お店の人に聞いてみると、ある程度冷たいうちに食べるのがおいしいとのことなので早速頂きます。


ビアードパパのお菓子は1つ1つが紙に包まれているので、複数人で取り分けるのも簡単。
シューには抹茶パウダーが降りかかっていますが、紙袋が受け止めてくれますし手が汚れる心配もありません。
1個あたりのサイズ感も程よく、カジュアルなパーティへのお土産として活躍するお店ですね。


パリブレストはドーナツ型の周囲がパリパリなリングシューです。
表面には抹茶パウダーがかかっています。


ひと口かじると食べ応えのある分厚い生地から小麦の良い香りがしてきます。
中には抹茶クリームがギッシリと。クリームは少しひんやりとしておいしく、口の中では甘みと抹茶の苦み、香りを少しずつ感じていくことができます。


クッキーシューはサクサクのパイシューに少し甘いクッキー生地が散りばめられたもの。
カリッとした食感が楽しいシュー生地です。
生地はパリブレストよりも薄いため、さらに抹茶クリームがたっぷりと詰まっています。
ザクザクの生地は抹茶との組み合わせもより良いです。生地を噛みしめる度に抹茶の風味がフワッと鼻から抜けます。


パイシューはもっともスタンダードなタイプのシュークリームです。
シューの表面には抹茶パウダーがかかっており、ひと口かじるとふんわりとした生地とクリームがほどよく混ざり合います。


黒糖のコクのある甘みを存分に楽しむことができる、かりんとうシューはありそうで無かった発想。生地の表面にも黒糖が塗られてお少しパリッとした食感を楽しめます、サッパリとした黒糖の甘さとクリーム、シュー生地との相性は抜群です。レギュラーメニューにしてほしいくらいのおいしさです。クリームはあずき入りなので黒糖との組み合わせでしっかり和を感じるスイーツになります。

シュークリーム専門店ビアードパパ各店から「濃い抹茶シリーズ」と「かりんとうシュー」の期間限定で販売されています。特に「かりんとうシュー」は販売期間終了後でも食べたいくらいのおいしさです。どちらも5月限定商品、ビアードパパの和全開のシュークリーム気になる方は是非食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

ビアードパパ
クッキーシュー 濃い抹茶クリーム
¥251(税込)
パリブレスト 濃い抹茶クリーム
¥241(税込)
パイシュー 濃い抹茶クリーム 
¥231(税込)
かりんとうシュー
¥231(税込)

[文・構成/emotta編集部]

スポンサーリンク