100%ヴィーガンスイーツ♡「shiro(シロ)自由が丘」併設カフェのおすすめ、酒かすを使った『ベリーベリーチーズケーキ』を食べてみました

[最終更新日]2018/07/26
[記事公開日]2018/06/04

今年話題のキーワード「ヴィーガン」。ランチメニューが美味しかったので、カフェメニューもチェック。卵も牛乳を使用しない00%ヴィーガンスイーツは美味しいのかな?スイーツは別腹。さっそく食べてみました。


shiro自由が丘店の併設カフェではスイーツメニューも大人気、パフェやパンケーキ、リニューアルに伴ってこれらも全て100%ヴィーガンです。
スキンケアと同様に素材自体と向き合った結果、純植物性のヴィーガンにたどり着いたとのことです。
オススメはヴィーガンパフェの1つ『ベリーベリーチーズケーキ』とのこと。
1日の調理数が限られている数量限定メニューです。何個までと制限が掛かっているわけではありませんが材料が無くなり次第、注文できなくなってしまうので気になる方はその日の有無を確認した方が良いでしょう。店員さんもとても気さくでオススメや料理の特徴を教えてくれます。
お馴染みのパンケーキもヴィーガンに完全リニューアル、『キャラメルバナナのパンケーキ』もオススメとのことなので合わせて注文しました。


テーブルに届いた途端、その大きさにびっくり!メニュー写真を超えるほどの盛り沢山のパフェです。大玉のマーブルベリーアイスクリームが乗っておりかなりの高さがあります。豆乳クリームも零れ落ちるほどにたっぷりとトッピング、酒かすを用いることでチーズのような風味が表現されています。


通常のメニューと同様に、shiroで実際に販売されている美容液の成分もスイーツに使用されています。メニュー表の各料理の前ページの片隅に記載してありますので、探してみると楽しいかもしれません。食べている料理の食材が美容液に使われているなんて何だか不思議な気持ちです。


ブルーベリーは甘みや酸味、種のほろ苦さもとてもフレッシュさを感じる味わいです。


食べ進めると底にはクランブルがありました。
クランブルは小麦粉、砂糖、バターを混ぜ合わせて固形状にしたものを、食べやすくそぼろ状にしたものです。サクサクの食感が楽しく、滑らかなクリームやアイスにアクセントをプラスしてくれます。
何か物足りなさを感じてしまいそうなヴィーガンのイメージを払拭するほどの食べ応えに大満足です。
酒かすのクリームもとても斬新、程よい酸味にハマってしまいそうです。


『キャラメルバナナのパンケーキ』は大ボリュームのパンケーキ。
輪切りのバナナが6切れも乗っており、しかも1つ1つが大きい!
お皿の上にはナッツが散りばめられており、一緒に食べることで香ばしさと食感がプラスできて最高。


パンケーキはフワフワで分厚いものが3枚重ねられています。
このクリームも酒かすの良い香り、豆乳のクリームなのでとてもヘルシーです。
バナナの芳醇な甘みと酒かすの香りが合わさって最高です。


お皿の片隅に乗っているかわいらしい容器には、キャラメルソースが入っています。
全体にかけても良いですが、パンケーキがバナナとクリームで十分な甘さなので、少しずつかけて食べるのが良いかもしれません。バナナとキャラメルの相性は言うまでもなく最高、コクと香りがプラスされてパンケーキの表情が変わります、このように味変できるのも楽しみの1つですね。。
大ボリュームなのですがクリームがあっさりなのでペロリと食べられます。


特にオススメしたいのは『ベリーベリーチーズケーキ』、フルーティな味わいの中で酒かすの風味が効いたクリームをしっかりと味わうことができます。100%ヴィーガンでしか味わえない斬新なスイーツ、食べてみる価値ありです、是非皆さんもチェックして見て下さい。

shiro自由が丘店
ベリーベリーチーズケーキ /¥1,400(税別)
émotta評価:★★★★☆
キャラメルバナナのパンケーキ /¥1,500(税別)
émotta評価:★★★☆☆

[文・構成/emotta編集部]

関連記事:100%ヴィーガンに♡「shiro自由が丘」併設カフェのイチ押し『彩り野菜の焼きチーズカレー』を食べてみた

あなたにおすすめの記事

                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •