超希少カカオを堪能♡「GODIVA(ゴディバ)」のシングルオリジンシリーズ第1弾『ショコリキサーパプア35%』を飲んでみた

6月から3か月連続で新作ショコリキサーが登場!ということでさっそく新作チョコレートドリンク『ショコリキサーパプア35%』を試してきました。希少なカカオを使用した、期間限定かつ数量限定のレアなショコリキサーシリーズです。


パプアニューギニア産のカカオ豆は世界のカカオ生産量の約1%、世界的にも非常に希少なカカオ豆です。『ショコリキサーパプア35%』ではそのカカオ豆を贅沢に使用し、香り高いヘーゼルナッツとまろやかなキャラメルの香りを感じさせる味わいを実現しています。


ゴディバのシングルオリジンシリーズは2018年6月から8月にかけて1か月毎に新ショコリキサーが提供されます。パプアニューギニア、エクアドル、タンザニアの3カ国のカカオをゴディバのシェフが厳選、3つのカカオの合計生産量が7%にも満たない希少なカカオを使用した個性豊かなショコリキサーとなっています。
第1弾は今回の『ショコリキサーパプア35%』、7月には第2弾『ショコリキサーエクアドル80%』、8月からは第3弾の『ショコリキサータンザニア75%』が登場予定です。
第2弾、第3弾は比較的カカオのパーセンテージが高めのショコリキサー、よりカカオの香りを楽しむのに適した作りになっています。


価格は600円(税込)、ゴディバのショコリキサーのコストパフォーマンスには毎回驚かされます。
『ショコリキサーパプア35%』のクリームは平たく、他のショコリキサーのように盛り盛りのクリームではないようです。同じくゴディバのショコリキサー『ミルクチョコレート31%』ではホワイトクリームでしたが、今回のクリームはよりカカオ感の強いものになっている見た目です。


ドリンクの上のトッピングとしてはチョコレートホイップとカカオパウダーが乗っています。今回のコンセプトは厳選されたカカオ豆を味わうことなので、全体的な甘さはかなり控えめに作られているようです。甘さがそこまで強くない為、ゴディバの通常のショコリキサーよりもカカオの香りを楽しむことができます。

スポンサーリンク


パプアニューギニアのカカオの特徴は比較的抑え目の苦みと少しの酸味、ドリンク中にはチョコレートのチップも含まれており食感にアクセントが加わります。
アイスドリンクの中でしっかりと冷やされたチョコレートは歯ごたえとともにカカオの風味をしっかりと楽しむことができます。


かなり甘さひかえめでスッキリとした味わい、カカオの酸味が少し効いているので甘いチョコレートが苦手な方でも十分に楽しめるショコリキサーになっています。
カカオのパーセンテージはそこまで高くないため非常にまろやかな口当たり、カカオの香りがより際立つ味わいになっています。
シングルオリジンシリーズは希少なカカオの香りをしっかりと楽しめるコンセプトになっているようです。


シングルオリジンシリーズのテーマは「産地で味わう、旅するショコリキサー」。
これから続々と登場する3種類のショコリキサーで世界を旅するような感覚を味わえます。
『ショコリキサーパプア35%』はスッキリとした控えめの甘さの中に香ばしいカカオを堪能できるドリンクになっています。パプアニューギニアは南太平洋最後の楽園と言われる国、皆さんも希少なカカオを味わえる機会を逃さないように!2018年6月の限定商品ではありますが数量限定なので気になる方は早めにチェックして見て下さい。

シングルオリジンシリーズ
ショコリキサーパプ35% /¥600(税込)
émotta評価:★★★☆☆

[文・構成/emotta編集部]

スポンサーリンク