フルーツたっぷり♡台湾発「一芳(イーファン)台湾水果茶」、浅草店と新宿店に行ってきました

台湾で人気の「一芳水果茶」。2月に浅草、4月に新宿と店舗が増えていますね。選りすぐりの台湾産の茶葉と季節のフルーツを使ったフルーツティーは、美容と健康にいいと評判に。せっかくなので両方のお店に行ってみました。

新宿店へ!

日本第2号店である新宿店。
出来たばかりということで、まずは「一芳水果茶」新宿店から行ってきます!

一番の看板メニューである『一芳フルーツティー』と
一番スタンダードな『タピオカミルクティー』を注文しました。

氷、甘さの調整ができます。
両方とも、氷も甘さも通常で注文!

リンゴやオレンジ、パッションフルーツがゴロゴロの『一芳フルーツティー』。

日本では”フルーツティー”というと、果汁入りのものを連想しますが、『一芳フルーツティー』は本物のフルーツがた~っぷり使用されています!

中身はこんな感じ。
甘さは通常にしましたが、果実の爽快さがプラスされ、とっても爽やかなドリンクでした。

お次は『タピオカミルクティー』
台湾のタピオカミルクティー、初めての方はお気を付けください!
結構甘いです!
私は甘いミルクティーが大好きなので、まさにタイプ!

タピオカ自体も甘く、もちもち♡
1杯飲み終わるころには結構お腹にたまりました!

ちなみに新宿店はイートインスペースがあるので、
ゆっくり休憩もできます!
清潔感たっぷりの店内でリラックス!

いざ第一号店・浅草店へ

次は日本第一号店、浅草に行ってきます!

浅草の店舗はテイクアウト専門。
軽いベンチはありますが、注文する方が並ぶ場所でもあるので
飲みながら浅草の街を散策するのが一番!

店員さんにおすすめを伺って、
『中華愛玉ゼリーレモンティー』、『黒糖タピオカ茶ラテ』をチョイス!

写真から伝わるかと思いますが、新宿店よりも
アジアテイストの外装なので、まるで台湾に来たかのようなワクワクが感じられるかも。
台湾にありそうなタピオカ屋さん。という感じです!

さて、1つずつ味をご紹介させてください。

『中華愛玉ゼリーレモンティー』は、
氷少なめ、甘さ通常でお願いしました。

食べたことのある方も多いかと思いますが、台湾で伝統的に人気のある”愛玉ゼリー”は、
“オーギョーチィ”という愛称で親しまれています。
愛玉の種子からできる台湾の天然ゼリーで、その喉ごしの良さがクセになります。

台湾では、レモン果汁と一緒にドリンクとして飲まれることもあるそうで、
まさにそれを実現しているのが、注文した『中華愛玉ゼリーレモンティー』!

飲んでみて納得。
レモンティーの爽やかさと、愛玉ゼリーの食感のバランスが絶妙!
ドリンク自体を通常の甘さにしたので、レモンティーは甘いですが、
ゼリーがスッキリ爽快感を与えてくれます。
夏にぴったり!

続いて注文したのは、『沖縄黒糖タピオカ茶ラテ』!
こちらは甘さ調節不可のドリンク。

黒糖で作られたたっぷりのタピオカに、ふんだんにミルクが注がれます。

受け取った直後は分離しており、
タピオカがなんとなく温かい~。

混ざるとこんな感じ。
よく見かける、タピオカミルクティーになりました!

飲んでみて衝撃。
激甘です!
スタンダードの『タピオカミルクティー』より大粒の黒糖タピオカの主張がすごい!
もっちもちの、あまあまです!
そして、もはやスイーツと勘違いしてしまうような甘さを堪能できます。
黒糖が好きな方は、絶対すきだと思います!
おすすめのドリンクです!

ちなみに。
テイクアウトはこんなに可愛らしい袋に入れてくれます。
持っているだけでるんるん。

そしてレジ横に陳列されている果物。
これただの飾りじゃないんですよ!
実際に使っているんだそうです♡

フタまで可愛いので要チェック。

1度飲んだらクセになる「一芳水果茶」で、ビタミンチャージ&お気に入りの1杯を見つけてくださいね!

スポンサーリンク

一芳水果茶
一芳フルーツティー
¥600
タピオカミルクティー
¥550
中華愛玉ゼリーレモンティー
¥550
沖縄黒糖タピオカ茶ラテ
¥550

[文・構成/émotta編集部]

スポンサーリンク