強烈な納豆の香りにびっくり!? 「ジャン=ポール・エヴァン」の「タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ」を食べてみました

[最終更新日]2018/11/06
[記事公開日]2018/07/20

「ジャン=ポール・エヴァン」のタブレットチョコレートシリーズに、異色のラインアップが登場しました。コートジボワールとガーナ産のカカオと、神田にある老舗「天野屋」の無農薬大豆を使ったドライ納豆の組み合わせ。香りというより、匂いと表現すべき個性的なチョコレートは、やっぱり美味しかったです。


やってきたのは伊勢丹新宿本店の「ジャン=ポール・エヴァン」!
限定販売されている噂の「タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ(Lait caramel fleur de sel et natto)」がこちら。

とってもお洒落で長めの名前ですが、要はドライ納豆が入ったチョコレート。
いま納豆菓子が少しずつ増えていますが、これはなかなか斬新。
高級チョコレート×納豆のスペシャルコラボは一体どんな味がするのか気になりますよね。


買って持ち帰ってみて改めて見ると、
もう、かっこいい、、、、!!!
センスの塊です。
フランスの紳士を連想させるかのような、美しいデザインにうっとりしました。


開けてみるとこのような感じ。
タブレットシリーズのチョコレートの、この見た目をご存知の方も多いはず。
大きく変わるのは、この裏側です!


ガーナ産のミルクチョコレートに、ドライ納豆とナッツが敷き詰められたタブレットチョコ。
実は袋を開けた瞬間から、”ぷ~~ん”と強めに納豆の香りがしていました。
チョコレートを触った手に納豆の香りがつくほど。
納豆の香りが苦手な方は避けたほうが良いかもしれません。

一体どんな味がするのか食べてみて衝撃です!
口当たりの良い、甘くて軽やかなキャラメル風味のミルクチョコレートの味がしたあと、ちょっとの塩気とともに敷き詰められたナッツやドライ納豆が主張してきます。なんとも見事にマッチしているんです!

口の中に入れると納豆の香りはやさしく香る程度で、全く邪魔になりません。
おいしい~~~~~。
食べたあとは少し口の中に納豆が残ります。

そしてこのドライ納豆、1846年創業の老舗・天野屋のものを採用。
世界のトップクラスのショコラティエであるジャン=ポール・エヴァンさんご自身が厳選したそうですよ!実は、日本で暮らした経験もあるようで、だからこんなに美味しい納豆チョコレートが誕生したのか!と妙に納得。

ジャン=ポール・エヴァンらしい、シンプルでモダンで素敵な包装


タブレットチョコレートのギフトラッピングでお願いすると、
このようにしっかり個装してくださいます。

保冷剤も包んでくれています。
こんなところまで、ぬかりない。
嫌になる暑さが続きますが、チョコレートが溶けてしまう心配もありません。

斬新でありながら想像以上に美味しい納豆チョコレート。
ぜひお試しあれ!


【詳細】
■ジャン=ポール・エヴァン「タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ」

販売期:2018年7月20日(金)~8月31日(金)
販売価格:897円(税込)
公式サイト:https://www.jph-japon.co.jp/

■購入店舗情報
店舗:ジャン=ポール・エヴァン伊勢丹新宿本店
営業時間:10:30~20:00(L.O.19:30)
定休日:不定休
住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿本店B1
取扱店舗:伊勢丹新宿本店、表参道ヒルズ店、三越銀座店、東京ミッドタウン店、三越札幌店、三越仙台店、伊勢丹浦和店、三越名古屋栄店、京都本店、三越広島店、岩田屋本店、チョコレート バー 丸の内店、オンライン ブティック

[文・構成/emotta編集部]



                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •