これは便利!オシャレならくちん『シリコーン・ジャーオープナー』と『シリコーン・トリベット』を買ってみた

まだ決まった販売店がないので入手するのは難しいのですが、期間限定で「伊勢丹新宿」や「阪急うめだ」などで売られていました。ポップでおしゃれ。次いつ入手できるかわからないので買ってしまいました。 フタがしっかり閉まったビンを開けるとき、固くてなかなか開けられなかった経験はありませんか?専用の器具を用意するのもよいですが、置き場所に困ることも多いですよね。 今回はとても収納が簡単なシリコン製『ジャーオープナー』のご紹介です。 簡単に折りたためて片付けらくらく。 どんなに固いフタでも、魔法のように簡単に開けられてビックリ。 しかも見た目もとてもかわいいんです。 アメリカから直接輸入されている珍しいアイテム。 今回は実際に『ジャーオープナー』を使ってみました。

カラフルでとてもかわいい

まず見た目がまんまるでとてもキュート!色もカラフルでかわいいです。
これだけでキッチンに置いておきたくなります。
とても柔らかな材質なので丸めることも折りたたむことも簡単。
収納のしやすさはバッチリです。

冷蔵庫やガラス窓にもペタッと張り付くのでキッチンをカラフルに彩ってくれます。
食器洗浄機でも洗うことができるのはとてもうれしいです。
かわいくて丈夫なので何度も使ってあげたくなりますね。

簡単に開けられてきもちいい!

裏面のゴムがフタをがっちりホールドしてくれます。
これならばフタが濡れていたりしても大丈夫そうです。
表面もシリコン製の素材が手にもしっかりフィットして滑りません。
料理中は手が濡れたり油がついていたりして開けるのに苦労することが多いので、これはうれしい使い心地です。

しっかりとフタを持つことができるのでスムーズに開けることができました。
驚くほど簡単に開いてしまうので、思わずテンションが上がります。
少ない力で開けることができるので密封性の高い容器を開けるときにも活躍しそうです。
反対にフタをかたく閉めたいときにも使えます。
しっかりと保存したいときには便利ですね。
どんな大きさのフタでも簡単に開け閉めできるので、使える場面はたくさんありそうです。

料理が楽しくなるジャーオープナー

デザインがとてもかわいいので、選べる種類が豊富なのはうれしいです。
自分のキッチンに合ったものを選んでみましょう。
柔らか材質なので収納に困ることはなし。
インテリアとしてもバッチリなアイテムですね。

スポンサーリンク

あまりにもかわいくて便利なので自宅でも愛用しています。
煩わしいビンの開け閉めにも困ることは無いので料理がますます楽しくなりそうです。
シリコンゴム特有のヘンな匂いがしないのもうれしいポイントですね。
子どもでも楽しくビンを開けられるので我が家でも大活躍中です。

同じシリーズには鍋敷きもあります。
こちらもジャーオープナー同様、カラフルでかわいいデザインです。
シリコンの素材はとても滑りにくく、鍋敷きとしても活躍します。
形は丸型から四角まで様々、鍋敷きなので少し大きめに作られています。

鍋敷きとなると心配な耐熱ですが、316℃の温度まで耐えられるので問題ありません。
ジャーオープナーよりも少し大きく泡立てるときのボールの下敷きにしたり、インテリアとしてお花を飾ったりかなり万能ですね。
裏面のゴムがテーブルとしっかりフィットして固定してくれます。
こちらもしっかり洗うことができます、汚れる機会が多そうな鍋敷きなので、大切に使ってあげたいですね。

ジャーオープナーよりも食卓に並ぶ機会が増えそうな鍋敷きなので見た目は大事。
これは食卓が華やかになること間違いなしですね。
デザインがとてもかわいいのでキッチンだけではなく、テーブルにも置いておきたくなりますね。
コースター代わりとしてマグカップ等の下に退いてもいいかもしれません。

アメリカから直接輸入されているとても珍しい『ジャーオープナー』。
すごく便利なので、これからのキッチンの定番になるかもしれません。
現在はキッチン雑貨を直接輸入されている代理店「ぼなぺち」で購入することができます。
皆さんも是非チェックしてみてくださいね。

輸入総代理店:ぼなぺち
http://bonappetit-jp.com/

ジャーオープナー
サイズ:φ約16㎝、厚さ約0.2㎝
素材:シリコーンゴム、木綿
価格:¥1,500

[文・構成/émotta編集部]

スポンサーリンク