300年の歴史!ロシアの老舗レストラン「GODUNOV」が日本上陸

[最終更新日]2018/11/06
[記事公開日]2018/04/06

ロシアの有名レストラン「GODUNOV(ゴドノフ)」はロシア料理の伝統を継承している由緒正しきお店です。300年以上もこの伝統が引き継がれてきたのとのこと、これはビックリですね。 そしてついて「GODUNOV」が日本に初上陸。これは行くしかありません! 常に新しい素材を積極的に取り入れてきて進化してきたロシアレストラン。 「古典的」というだけではないロシア料理が味わえます。 今回はロシアレストラン「GODUNOV」に行ってきました。


日本初出店の店舗は丸の内ビルディングの5階です。
入口すぐにはバーカウンターが見えます、ディナーやお酒を楽しむ場としても良さそうです。



とても奥行きのある店内で広々としています。
奥の席では駅前広場が一望できます。


店内の壁やインテリアにもこだわりを感じます。
まるでお城のような内装でとてもかわいらしいお店です。


メニューを見て注文してみます、ロシアといえばボルシチですよね。
ランチにセットのスープもおいしそうなのですが、せっかくなのでボルシチにパワーアップさせてみました。
お肉やご飯、見るからにボリューム満点なセットです。
コーヒーか紅茶もセットでついてくるのでお得ですね。


「GODUNOV東京」オリジナル「クリームチキンのストロガノフランチ」です。
トロトロのクリームがおいしそうです。


チキンが肉厚プリプリで最高!
ご飯もパラパラ香ばしくクリームソースの相性もバッチリです。
濃厚ながらもとてもサッパリ食べられてやみつきになる味です。
これは超オススメです。


とても口当たりの優しいクリームなので、相方はスープではなくボルシチが良いと思いました。ガッツリとトマト感の効いたボルシチは最高です。


こちらも「GODUNOV東京」のオリジナルメニュー「デミビーフストロガノフ」です。
レアな焼き加減の赤身のお肉がすごい迫力です。


こちらはがっつりとしたデミソース。
ご飯もすすみます。
厚切りですが、やわらかお肉なのでどんどん食べられます。
こちらはシンプルなスープでさっぱりすると良さそうです。


追加のサラダセットもバラエティにとんだラインナップ。
ボリューム満点なのでシェアするといいかもしれません。


伝統的でありながらも現代向けにアレンジされた印象のロシア料理になっていました。
お水のコップの形もテーブル毎に異なっていることにびっくり。
内装だけでなく食器類にこだわりを感じました。
どのランチメニューも結構なボリュームなので、お友達といろいろ頼んでシェアする楽しそうです。皆さんも是非、「GODUNOV」のロシア料理を楽しんでください。

【詳細】
■GODUNOV TOKYO(ゴドノフ 東京)

住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング5階
営業時間:毎日11:00~23:00まで営業
【平日】11:00~15:00までランチタイム(30分前L.O)15:00~23:00通常メニュー(30分前L.O)
【土・日・祝】11:00~23:00通常メニュー(30分前L.O)
公式サイト:http://www.world-liquor-importers.co.jp/godunov/tokyo/

■メニュー
・「GODUNOV東京」オリジナル『クリームチキンのストロガノフランチ』
・「GODUNOV東京」オリジナル『デミビーフストロガノフ」』
(※+100円でランチスープをボルシチに変更可能)

[文・構成/émotta編集部]



あなたにおすすめの記事

                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •