émotta(emotta:エモッタ) – 最速『女子ニュース』
『émotta』サービス終了のお知らせ
menu

※消費税率改定に伴い、2019年9月30日(月)までに掲載された記事については、改定前の価格表記となっております。

[最終更新日]2021/03/12

100%ヴィーガンに♡「shiro自由が丘」併設カフェのイチ押し『彩り野菜の焼きチーズカレー』を食べてみた

自然の素材を活かしたコスメ「shiro(シロ)」らしい、100%ヴィーガンのカフェに完全リニューアル。おいしさがとても気になるので、初日に自由が丘まで行ってきました。さすがに全部は食べられないので、まずはおススメから2品を食べ比べ。


「shiro自由が丘店」の併設カフェが2018年6月1日よりリニューアルオープンしました。
自由が丘駅から徒歩で3分というアクセスの良さ。

これまでもスキンケア商品にも使用している食材を使っていましたが、
今回のリニューアルで全メニューが100%ヴィーガンに対応しています。

オシャレな街にたたずむ白色を基調としたカフェです。


店員さんにオススメを伺ったところ『彩り野菜の焼きチーズカレー』は
是非とも食べてもらいたいとのこと。

料理写真からもカラフルな野菜が盛り沢山な様子が見てとれます。

こちらは珍しいヴィーガンバーガー。
パテには玄米で肉感を出しておりお肉は一切使用されていません。

特にオススメという『テリヤキバーガーwithフライドポテト』を注文。
見た目ではかなりボリューミーなハンバーガーに思えます。

■彩り野菜の焼きチーズカレー

まず見た目にびっくり。
写真通り野菜の盛りがとにかくすごくて、
ヤングコーンやかぼちゃが鉄板からはみ出している〜。

ナスは大きめのものが乗っており、
かなり食べ応えがあります。

プチトマトは大きめのサイズが丸ごと1個、
半分に切られて乗っています。
チーズカレーと一緒に食べてみるとすごくおいしい!

野菜の甘みや旨味で
しっかりとコクのあるカレーになっています。

もちろんチーズもヴィーガン。
酒かすから作られたのですが酒かす独特の香りや味は無く、
しっかりチーズとして濃厚な味わいになっています。

野菜はどれもじんわりと甘く、少しスパイシーなカレーと相性抜群。
100%ヴィーガンですが、不足感などは一切なし。
ボリューム満点で鉄板のおかげで常に熱々を食べることができます。

野菜は他にもレンコンやマッシュルーム、ヤングコーンなど多彩で
最初から最後まで満足できること間違いなし!

■テリヤキバーガー

『テリヤキバーガー』はフライドポテトとセット。
テイクアウトもできます。

特製パテには玄米が使用されており、
ヴィーガンとは思えない食べ応えを実現。
厚みは少しつぶさないと1口でかじりつけないほどの大きさです。

マヨネーズにも動物性脂は不使用で、
豆乳から作られたマヨネーズ。

側面からはみ出すほどにたっぷりと入っているのが北海道産かごめ昆布。
独特のとろみはテリヤキソースの持つ甘辛さとの相性が良いんです♡

本物のお肉ほどのジューシーさはないけれど、
肉厚で食べ応え抜群。

パテをしっかり固めるためか
側面までこんがりと焼き上げられているので香ばしいです。

バンズと野菜やピクルスなどと合わせるとおいしく食べることができます。
冷めると少しパテのボソボソした質感が前に出てきてしまうので、
暖かいうちに食べることをオススメします。

付け合わせのフライドポテトに使用されている油も植物性のもの。
限りなく徹底されていてすごい。

メニューの片隅には料理に使用されている食材と
同じものを配合した美容液に関する情報が記載されています。

ご飯をきっかけに新たな化粧品との出会いも♡
興味を惹かれる〜。

『彩り野菜の焼きチーズカレー』は特にオススメで、
ヴィーガンに興味がない方も食べてみる価値のあるお店です。

素敵なカフェで楽しむ100%ヴィーガンのメニュー。
気になる方は是非行ってみてください!

▼こっちもチェック!

100%ヴィーガンスイーツ♡「shiro(シロ)自由が丘」併設カフェのおすすめ、酒かすを使った『ベリーベリーチーズケーキ』を食べてみました

体に負担をかけず食べられる♡都内のヴィーガンフード全6選!【2021年最新版】

【詳細】
shiro自由が丘店
住所:東京都目黒区自由が丘2-9-14 アソルティ1F&B1F
電話番号:03-5701-9146
営業時間:10:00~20:00
定休日:年末年始
https://shiro-shiro.jp/

keyboard_arrow_right

・彩り野菜の焼きチーズカレー
価格;¥1,500(税抜)
・テリヤキバーガーwithフライドポテト
価格:¥1,400(税抜)

[文・構成/emotta編集部]

あなたにおすすめの記事

TOP