浅草最強のオシャレ味噌汁!オープン日には武田双雲先生が来店「MISOJYU(ミソジュウ)」の全メニューを制覇中

[最終更新日]2018/11/08
[記事公開日]2018/10/31

原価率70%以上とうわさされる鵠沼海岸「オーガニックカフェギャラリー地球」。あの武田双雲氏がまたまた無茶なお店を出したと聞いて、やってきました浅草へ。オープン初日の今回は、先生とご一緒に美味しいおみそ汁を頂いてきました。

※2018/10/31追記
◆森のいろいろきのこのおみそ汁セット!


※2018/6/5記述
◆オープン初日は武田双雲先生と一緒に食事!


「MISOJYU」は、浅草駅から徒歩6分ほどの場所。周囲は、飲食店やホテルなどが密集する浅草のど真ん中に位置します。オープン初日は11時半からでしたが、11時に到着してこの行列!

見渡すとスカイツリーが顔を出しています。下町感たっぷり。

お店の外観はこちら!中で食事をすることも、テイクアウトで持ち帰ることも可能です。
“朝ごはんからしっかりおみそ汁を食べてほしい”という「MISOJYU」の願いが込められており、モーニングは8時半から11時まで営業しています。モーニング限定の『朝ごはんセット』というメニューもあります。通常営業は11時から19時まで。オープン初日は11時から営業開始だったので、通常のメニューを注文します!

オープンまで並んでいると、武田双雲先生がいらっしゃいました。

今回「MISOJYU」をプロデュースするのは武田双雲先生率いる、「TEAM地球」。オーガニックのスペシャリスト、ブランドディレクター、デザイナーなど年齢や国籍を問わないスペシャルなメンバーで結成したチームです。第一弾としては2017年、湘南にオーガニック食材にこだわったレストラン「地球」を開店しました。第二弾となったのが、食材や店内内装までこだわり抜いた今回ご紹介する「MISOJYU」です。
オープンしました!

双雲先生自ら列に並びます。注文は、入り口すぐカウンターで一人一人行います。

メニューはこちら。

単品メニューもありますが、絶対にセットメニューがおすすめ。

セットにすると、おみそ汁の他にもおにぎりと煮卵、小鉢2種類とお新香などお惣菜が楽しめます。

《セットメニュー》
◆ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁セット
◆豆乳とホタテのとろーり みそポタージュセット
◆まるごとトマトとほろほろ牛スネの みそポトフセット
◆いつもと違ういつもの豆腐のおみそ汁セット
◆森のいろいろきのこのおみそ汁セット

少し変わったネーミングセンスにも惹かれます。気になるものだらけで本当に困りました。使用される野菜はもちろん有機野菜、お味噌は日本全国からこだわり抜いた独自ブレンドのお味噌です。


5分以上悩んでしまいましたが、『ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁』と『豆乳のとろーりみそポタージュ』を注文。とん汁はねぎを乗せるかどうか必ず聞いてくださいます。日本人らしい心づかいが嬉しい。

おにぎりは”しお”、”しゃけ”、”スパイシーツナ”、”うめ”から好きなものを選べます。お米は、冷めても美味しいこだわり抜いたお米を使用しているそうです。こちらも散々悩みましたが、”しお”と”スパイシーツナ”をチョイスしました!
店内紹介

ここで一旦、店内の様子をご紹介したいと思います。カウンター上部には、お洒落な”ORDER GUIDE”が!白い店内にブルーが印象的。

手洗い場や、返却口。

キャッシャーのロゴまでお洒落で可愛いです。和とモダンテイストが融合したような空間です。

イートインスペースもあります。
それでは2階へ

可愛らしいロゴにいざなわれ、早速2階へ!武田双雲先生の作品ギャラリーになっているとのことでワクワクしながら登っていきます。



室内いっぱいにたくさんの作品が展示されていました。圧巻です。

先生が一押しするこちらの書。

“宇宙始雲星光 地球火石水土海 命生心人感謝”

“宇宙の創成期から人類の未来まで”

を書いたそうです。見とれてしまうほどのエネルギーで満ちています。

作品は書いたばかりのものが並んでおり、よく見るとまだ墨汁が乾いていません。こんなに近くで鑑賞しながら食事を楽しめる場所が他にあるでしょうか。店内はまるで作品のパワーが宿っているかのような神聖な場所に感じられます。

連なったテーブルが多いので、近くの方と会話を楽しみながら食事をすることも出来ます。
実食!

それでは先ほど注文したおみそ汁たちを頂きます!

『ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁』は角煮が大きい!

おみそ汁が意外にもボリューミーなので、とってもお腹にたまります。野菜もごろごろ大きく優しい味に仕上がっています。とん汁は、体の至る所に染み渡るようなやさしい味でした。

スパイシーチキンのおにぎりも程よく辛さがあってとっても美味しかったです。
噛めば噛むほど旨味が出てくるようなまろやかなお米が使われていますよ。

セットにつくお惣菜がこちら。サイドメニューだから、と侮れません。手作りしたばかりかのような旨味があります。

こちらは『豆乳のとろーりみそポタージュ』。意外とあっさりした味わいですが、深みがあって美味しい。ずっと飲んでいられます。まるでイタリアンを楽しんでいるかのような味わいです。

可愛らしく彩りを添えているホタテも美味しく頂きました。

使われているお皿もすべてお洒落。至る所に輝くセンスが感じられます。

先生のお話によると、お店の場所を浅草にしたのも、流行りの一環として利用されるのではなくずっとお客様に愛されるお店であってほしいという願いが込められているんだとか。

そんなハートフルでパワフルな「MISOJYU」。先生の気さくで素敵な人柄にも、お洒落なお店にも、すっかり惚れ惚れしてしまいました。ぜひ皆さんも浅草で美味しいおみそ汁を味わってくださいね!

【詳細】
MISOJYU(ミソジュウ)

営業時間:Morning Time 8:30~11:00 / Regular Time 11:00~19:00
定休日:月曜日
住所:東京都台東区浅草1-7-5
お問い合わせ:03-5830-3101
公式サイト:http://misojyu.jp/

■メニュー
・ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁
¥1,380
・豆乳のとろーりみそポタージュ』
¥1,380

関連記事:
6/5オープン!武田双雲先生と一緒に浅草「MISOJYU(ミソジュウ)」で、こだわり抜いたおみそ汁を頂きました♡

[文・構成/emotta編集部]




あなたにおすすめの記事

                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •