今年いちばんすごい店!浅草『MISOJYU(ミソジュウ)』で朝食セットをいただいてきました♡

[最終更新日]2018/11/06
[記事公開日]2018/06/11

オープン2日目にして、早くも「都内で今年一番すごい店」と評判になっている浅草『MISOJYU(ミソジュウ)』にまたまたやってきました。オープン初日は、11時30分からのスタートだったということもあって、朝食セットをいただけなかったのがとても残念でした。今日は8時30分から食べられるということで、朝食を抜いて、いざ浅草へ。


あいにくの雨となりなりましたが、初日に食べたおみそしるの記憶がホットなうちに、朝食セットのおみそしるをチェック。

できることなら、武田早雲先生がいただいたメニュー『森のいろいろきのこのおみそ汁セット』と、『朝ごはんセット』、2セットを頼むつもりでいたのですが、あいにく、朝は朝食メニューのみとのこと。ふたりだったらシェアできると思っていたのでちょっと残念。

日替わりのおみそ汁と好きなおにぎり1個、それに煮卵がつきます。足りなかったらおにぎりをもうひとつ食べるという手も。

通常のメニューとは違い、とうふ、ほうれん草といった
ごくごく普通(にみせかけた)もの。
お椀のなかを覗いてみると、とうふひとつひとつがとても大きい。おにぎり屋ででてくる、お味噌汁とはふたあじ違います。その代わり、おにぎりは、ちょっと小ぶり。でもそのお米もこだわりぬいたものですから。


ごまどうふも舌でとろける食感も、クオリティの高さを実感できます。さすが「MISOJYU」。
お味噌自体は、あっさりめで朝食にぴったり。
ほうれん草も柔らかすぎずちょうどいい。
おみそしるは、通常想像するサイズの1.5倍。具は3倍といった感じ。

おにぎりが、220円なので、実質380円のおみそしる。
最高です。

実は、レジカウンターの横にあるものも、ただの調味料ではないんです。
小さい瓶入っているものは「ゆずコショウ」。
竹筒にはいっているものは「ゆず七味」。
ここまでは昨日のお昼の時点でありました。
やばいのは、瓶にはいっているものです。
ホタテの貝柱と干しエビが入っているんですよ。説明していただきましたが、わかる人向けに説明すると、乾燥ホタテ、最上級金華ハム、干しエビなどを使用した『ザ・ペニンシュラ香港』の『XO醤』の味わい。

あまりにびっくりして、帰り際におたずねしたところ
“○○さんがつくったもので、今度お土産用に販売することも考えている”とのことでした。
一体いくらになるのか、とても楽しみですね
お願いすれば、小皿に分けていただけます。
見かけた際は、ぜひ試してみてくださいね。

ここまで3種類のおみそしるをいただきましたが
またおみそしるにコショウをかけてみるのを忘れてしまいました。
次回、必ず試してみます。3種類の中のお気に入りはやっぱり野菜がたっぷり入った『ごろごろ野菜と角煮のすんごいとん汁』です。どれもお腹に優しい味でほっとするのは間違いありませんけどね。

店内でご利用の際はお茶がついてきます。
もちろんおかわりもできます。無料でいただけるお茶についてもお聞きしました。
テーブルにおかれているお茶は、京都の宇治茶を使っているそうで、抹茶と緑茶をブレンドしたものになっています。とてもすっきりした味わいで、これが飲み放題。

全てを解説してしまうと、楽しみもちょっと半減、というかたもいらっしゃることですしここらで、ごちそうさま。
みなさん下の階でお食事されていましたが、ここの魅力のひとつである、二階で食べることをおすすめします。昔の建物を改造したものなので、階段が急になっています。ご注意を。


おまけ。
朝一ということもあり、だれもいない二階の様子もご紹介。
お値段をしっているだけに。ちょっと、興奮してしまいました。
ここからは、先生の作品をじっくり堪能してください。






【詳細】
MISOJYU(ミソジュウ)

営業時間:Morning Time 8:30~11:00 / Regular Time 11:00~19:00
定休日:月曜日
住所:東京都台東区浅草1-7-5
お問い合わせ:03-5830-3101
公式サイト:http://misojyu.jp/

■メニュー
・朝ごはんセット
¥600
・朝味噌汁
¥400(単品)
・おにぎり各種
¥220~(単品)

関連記事:
6/5オープン!武田双雲先生と一緒に浅草「MISOJYU(ミソジュウ)」で、こだわり抜いたおみそ汁を頂きました♡

[文・構成/emotta編集部]




                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •