émotta(emotta:エモッタ) – 最速『女子ニュース』
『émotta』サービス終了のお知らせ
menu

※消費税率改定に伴い、2019年9月30日(月)までに掲載された記事については、改定前の価格表記となっております。

[最終更新日]2021/04/09

たっぷり野菜でおなかいっぱい♡「タニタカフェ」の『和だしで仕上げたよだれ鶏ととろろ昆布・温泉卵のフォー』を食べてきました♡

有楽町に新しくできた「タニタカフェ」1号店ですが、いままでの「タニタ食堂」とはコンセプトがかなり違います。カロリーや塩分を気にせず、「沢山の野菜を楽しめる」こと。オープン日は2018年6月6日(水)、JR有楽町駅ルミネストリート内なので有楽町駅から歩いてすぐの好立地です。


「タニタカフェ」で食べたいのは野菜たっぷりのフォーです。
今回は『和だしで仕上げたよだれ鶏ととろろ昆布・温泉卵のフォー』に「もち麦」をセットにしました。

+100円で「もち麦」がセット、
+300円で「ドリンク」がセットになります。

フォーにはとにかく野菜がたっぷり!
箸で持ち上げると沢山のもやしが姿を表します。
麺には腰がありスープとの絡みもばっちりです。

野菜はスープに浸して食べると
味がしっかり染み込んでおいしく食べられます。

箸で抑えてつけても浸しきれないほどのボリュームがありますね。

野菜だけではなくお肉も入っているのがうれしいところ。
今回はよだれ鶏ですが海鮮系や黒毛和牛まで
様々なフォーを楽しむことができます。

スープもとてもおいしく、浸した野菜のエキスも含まれているので
完飲するとより健康に良いのかと思い店員さんに聞いてみましたが、
飲み干す必要は無いとのことでした。

フォーを注文すると柚子のソースがついてきます。

サラサラな液体状で柚子の酸味が効いたソースです。
ベトナム的な酸味をプラスしたい方は
お好みで加えて味を調整してみるよいですね。

もち麦は白米に比べてカロリーが低く、
食物繊維が多く含まれているヘルシーな食べ物です。

食べてみると1粒1粒がとても大きく、
普段食べているお米よりも強い粘りを感じます。
麦の香り高い味わいが特徴なもちもちした食感が楽しい一品です。

スープで浸した野菜はしんなりしておいしかったので、もち麦にも乗せてみました。

結果は大正解!

もっちり食感のもち麦と野菜のシャキシャキ感がプラスされて
ヘルシーでおいしい組み合わせが誕生しました。
是非皆さんも試して見て下さい。

温泉卵を割るとまろやかにはなりますが、
こってりとした卵に野菜ともち麦の味が負けてしまうので、
温泉卵はフォーの中で割ってスープと合わせて食べるのが良さそうです。

フォーのスープが勿体なかったので、もち麦にも少しかけて食べてみました。

相性はとてもよくもち麦にスープがしっかりと染み込みます。
さらさらと食べられる健康的なおじやのようになりました。

タニタカフェのもう一つのオススメは
『季節の有機野菜と焼チキンカツレツ』とのことです。

カツレツはもち麦と野菜スープのセットで¥1,280(税別)。

サラダには5種類の有機野菜が使用されており、
ブロッコリーやニンジン、コーンのお惣菜もプレート上を彩っています。
にんじんは少しソテーされており柔らかく食べやすいです。


カツレツに用いられているお肉は鶏。
油で揚げずにオーブンで焼き上げられてヘルシーに作られています。

表面はカリッとした食感で中は肉厚な鶏肉で、
脂がそこまで多くは無くスッキリとした味わいです。

デミグラスマスタードソースは酸味の効いたコクのあるソース。
たっぷりとつけて食べることでもち麦や野菜も進みます。

有機野菜のもち麦サラダボウルも野菜をたっぷりと食べられるメニューです。

10種類の有機野菜サラダに蒸し鶏、海老、ローストビーフなどのお肉をトッピング。
もち麦も加わった新しいどんぶりスタイルのサラダになっています。

『ローストビーフのもち麦サラダボウル』は
野菜とともにお肉もしっかりと食べられるので人気の組合せ。
野菜スープとセットで¥1280(税別)です。


野菜と赤身肉の相性抜群!
ガシガシと野菜を食べられるサラダボウルです。
ローストビーフはとても大きく野菜と絡めて食べると最高です。


野菜とお肉の下にはもち麦がたっぷりと入っておりボリューム満点。

もち麦は野菜と混ぜ合わせて食べるよりも、
お肉と野菜の組合せを楽しみつつ、
もち麦で追いかけるのが食べ方としては良さそうです。

+¥300でドリンクがセットできたのですが、
スムージーが¥680~¥750でしたのでスムージーを飲むことにしました。

タニタカフェでは噛むスムージーなのでカムージーと呼ばれています。
「カブとバナナのホワイトカムージー」
「緑野菜とりんごのグリーンカムージー」
「人参とトロピカルフルーツのイエローカムージー」の3種類。

より野菜が楽しめそうな「緑野菜とりんごのグリーンカムージー」を選択しました。

中にはチアシードのコンニャクゼリーが含まれており、
底の白い部分は豆腐、最初に少しかきまぜて食べることをおすすめします。
カムージーはお店の外では販売していないようなので、
食事を楽しんだあとにカフェ内で注文して歩きながらや職場で飲むのがいいかもしれません。

椅子にはツボ押しの健康グッズのようなものが置いてあるのも面白いですね。
タニタ食堂のようにカロリーにシビアなスタンスではなく、
野菜を沢山食べられることがメインのコンセプトになっています。

おいしく沢山の野菜を食べて元気になりたい方には是非ともおすすめしたいお店ですね。

【詳細】
タニタカフェ有楽町店

住所:東京都千代田区有楽町2-9-6 ルミネストリート内
電話番号:03-6259-1611
営業時間:9:00~21:00/物販、11:00~22:00カフェ(L.O.21:00/food, 21:30/drink)
https://www.instagram.com/tanitacafe.official

【メニュー】
・和だしで仕上げたよだれ鶏ととろろ昆布・温泉卵のフォー
価格:¥980
・季節の有機野菜と焼チキンカツレツ
価格:¥1,280
・ローストビーフのもち麦サラダボウル
価格:¥1,280
・緑野菜とりんごのグリーンカムージー
価格:¥750


[文・構成/emotta編集部]

TOP