常識を超えた甘いお茶♡ 新ブランド「TOKOWAKA Switch tea(トコワカ スイッチティー)」第1弾

[最終更新日]2019/04/05
[記事公開日]2019/04/04

お茶の楽しま方が無限に!生姜糖を使った新しいお茶の飲み方を提案する「TOKOWAKA Switch tea(トコワカ スイッチティー)」が完成! 日本の「お茶が甘い=異質」という価値観をぶち壊した新ブランド!

■TOKOWAKA Switch tea(トコワカ スイッチティー)

舌にガツンと残る濃厚ほうじ茶!
かなりの飲みごたえ!

■生姜糖を入れて味変!

ジンジャー感を味わいたいなら、半分くらい飲み進めてからがオススメ!
温度が下がってくるともっと甘みが強くなってイイ感じ。

【楽しみ方】
1:急須に茶葉を4g入れ、お湯150ccを注ぎます。
2:3分間蒸らします。
3:ほうじ茶をマグカップに注ぎます。
4:ほうじ茶をそのまま3口程飲み、ほうじ茶本来の味と香りをご堪能下さい。
5:ほうじ茶に生姜糖を加え、これまでのお茶の感覚を崩す柔らかな甘みのあるほうじ茶の新たな一面をSwitchしてお楽しみ下さい。

【詳細】
■TOKOWAKA Switch tea(トコワカ スイッチティー)
販売価格:¥1,500(税込)
内容:伊勢棒茶、生姜糖
原材料名:茶、生姜、水飴
内容量:茶40g、生姜糖10個
原産国:日本
保存方法:直射日光及び高温多湿を避けて保存して下さい。

■TOKOWAKA switch teaの協力会社
【中森製茶】中森製茶は伊勢神宮に最も近い茶産地、度会町で育てたお茶の葉を自家工場で加工し販売する農家です。伊勢志摩サミットでも各国の要人にお茶を振る舞いました。中森製茶は、お茶作りの原点とも言われる「手揉み製法」で、機械を使わず人の手だけでお茶を揉み上げる伝統技術です。

【岩戸屋】和菓子中心のみやげ屋・食事処として参拝客をもてなす老舗のお店です。お多福印の生姜糖は、生姜汁と砂糖を合わせて煮込み、型に流し込んで作ったお菓子で、明治43年に神宮のお礼(剣祓)を象って以来、伊勢のお土産として皆様に親しまれております。

[文・構成/émotta編集部]

                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •