émotta(emotta:エモッタ) – 最速『女子ニュース』
menu

※消費税率改定に伴い、2019年9月30日(月)までに掲載された記事については、改定前の価格表記となっております。

[最終更新日]2020/03/23

甘すぎず、ちょっぴりビターな瞳。「CANMAKE(キャンメイク)」の『ジューシーピュアアイズ』

隠し味はスパイシーなチャイ。「CANMAKE(キャンメイク)」の『ジューシーピュアアイズ』から、トレンドを抑えたおしゃれな新色 #No.12 チャイティーローズ が登場。元々ファンも多いこのアイシャドウは、内側から発光するような輝きが特徴。ピンクブラウンとラメの組み合わせは、かわいすぎてコスメ界に衝撃が走る。emottaがオススメするアイメイク方法もぜひチェックしてみてね♡2020年4月1日(水)全国発売。

■No.12チャイティーローズ

新色が発売される度にバズる『ジューシーピュアアイズ』。

毎回トレンドを抑えたカラーで
お手軽に流行りのメイクができちゃう!

今回の新色は『No.12チャイティーローズ』。
ピンクベースに、スパイスのきいたブラウンが
絶妙におしゃれなカラー♡

さっそくレビューしていくよ〜。


中はメインカラー、ラインカラー、ラメの3色。

コンパクトだし、チップもついていて
外出先で化粧直しするときにも便利すぎる!


極小のパールが配合されていて、
今にも溢れそうな瑞々しさ。

ひと塗りで、うるうるの愛されまぶたが完成♡

■質感と発色

柔らかい粉質で
吸い付くようなしっとりさにびっくり!

1日過ごしても粉飛びせず、
まぶたにピッタリと密着してくれたよ。

発色は透明感があって
肌に馴染みやすいカラー展開。

濡れたようなツヤが目元のくすみも目立たなくしてくれる♡


1色ずつ紹介していくね。

①メインカラー
→温かみのある、ピンクローズ。

女の子らしくて可愛いカラーだよ。
まぶた全体に塗っても、腫れぼったくならない!

②ラインカラー
→おしゃれなピンクブラウン。

ビター要素がちょっぴりミステリアスな雰囲気に。
メインカラーと組み合わせることで、甘すぎない仕上がりになるよ。

③ジューシーコートスフレ
→存在感たっぷりのギラギララメ

ベースのカラーは発色弱めで
大粒のラメがとにかくきれい。
アイメイクの上から塗ると
粉飛びを防いでくれて、発色も良くしてくれる。

■アイメイク

目に塗ってみると、こんな感じに仕上がったよ。

まさにチャイのかっこよさと
いちごミルクのような甘さのいいとこ取り♡

肌色に馴染んでくれる配色だから、ピンクシャドウが苦手な人も使ってみて。

■emottaオススメのアイメイクを紹介

⑴アイホール全体にメインカラーを指でのせる
 肌の色とアイシャドウの色の境目が
 はっきりしていると、垢抜けない印象に。

 指や色のついてない筆で、しっかりぼかしてね!

⑵チップを使ってラインカラーを二重の線まで入れる
 先ほどと同様、境目はぼかすこと。

 きれいなグラデーションが作れると
 目が大きく見えるよ。

⑶指でラメをとり、黒目の上と涙袋に入れる
 黒目の上だけに入れることで立体感を演出。
 涙袋には、小指を使うと塗りやすいよ。

 このラメは
 コーティングの役割も果たしてくれるから
 まぶた全体に広げるのもオススメ。


今回紹介したカラー以外にも
『#No.07 フルーティーワイン』や
『#No.11 ストロベリーココア』なども超オススメ!

どちらも販売直後から、SNSでバズりまくったカラーだよ。

紹介した新色もトレンド入りしそうな予感。

コーラルっぽさがあるピンクだから
肌の色問わず、皆にオススメできるカラー。

今までピンクを嫌煙していた人も
これでクセになる、甘辛フェイスを手に入れて♡

【商品詳細】
CANMAKE(キャンメイク) ジューシーピュアアイズ
カラー:全6色(新色含む)
#No.01 クラシックピンクブラウン
#No.06 ベビーアプリコットピンク
#No.07 フルーティーワイン
#No.10 ナイトラベンダー
#No.11 ストロベリーココア
#No.12 チャイティーローズ
参考価格:¥600(税抜)
発売日:2020年4月1日(水)
公式サイト:CANMAKE(キャンメイク)

【ライター紹介】

text by ちゃんぬ
プロフィール:大学生
好きなこと:ネイル/旅行

TOP