とらや(虎屋)データベース

[最終更新日]2019/01/11
[記事公開日]2018/07/24

和菓子の老舗、とらや(虎屋)の新情報まとめて紹介!羊羹やういろう等、新作や季節限定メニューが登場する度に更新していきます。定期的にチェックしてみてください。

■笑み亥の子

平成31年(2019)の干支「亥」が描かれた新作の干支羊羹。昨年は「春戌」。※平成は31年4月30日で終了。

販売期間:2018年11月下旬~2019年1月下旬
>>詳細はこちら

■東京ミッドタウン限定 幸とら

企画展「ORIGAMI」に合わせて登場した「幸とら」。店頭では折り紙の展示もありました。企画展用の作品なので、次に同じものが販売されることはまずありません。一日20個限定のかなりレアな和菓子です。

販売期間:2018年11月14日~2019年3月25日
>>詳細はこちら

■木練柿

天保5年(1834)から登場した和菓子です。リニューアルした赤坂店を含む都内10か所と、製造工場がある御殿場店、横浜そごう、京都一条店、京都四條南座店、京都髙島屋、大丸京都店で購入できます。

販売期間:2018年10月1日〜10月15日
>>詳細はこちら

■赤坂店のみ期間限定 氷室山

「とらやの羊羹デザイン展」にちなんで、ギャラリー開催中に数量限定で発売。天然氷を夏までたくわえるために設けられた室(むろ)に見立てた、宝永4年(1707)頃の作品。寒天菓子としては歴史の古い逸品です。

販売期間:10月1日~10日
>>詳細はこちら

■赤坂店限定 月の暁

とらやの中でも赤坂店のみの限定販売。宮中から名前をいただいた羊羹で、文政4年(1821)頃の作品。いつも以上に高級感があり、手土産にぴったり。

販売:とらや赤坂店のみ
>>詳細はこちら

■二見潟(ふたみがた)

二見が浦のシンボル夫婦岩を見立てた、大正7年(1918)頃の作品。お伊勢参りの前に心身を清める場所。伊勢湾ぬ浮かぶ二艘の帆掛け船の間から朝日がのぼっていく美しさを表現した逸品です。

販売期間:2018年10月1日(月)~2018年10月31日
>>詳細はこちら

■「白餡」「小倉餡」「黒糖餡」

2018年の十五夜は9月24日。今年は雨で無理だと思っていましたが、中秋の名月、とてもきれいでした。満月は25日。とらやのおはぎいただきました。

販売期間:2018年9月20日~2018年9月26日
>>詳細はこちら

■満ちる月

満月が山の稜線(※尾根)をなぞるように空を渡っていくさまを表現した、十五夜(2018年は9月24日)にちなんだ特製羊羹。今年は三越・伊勢丹の「とらや」でしか取り扱いがありません。

販売開始:2018年9月19日
>>詳細はこちら

■重陽(ちょうよう)

ことしも栗の季節が到来!国産「新栗」のみを使用した『新栗まつり』が始まりました。関東地方限定桃山製『重陽』は金・土・日の3日間のみ。京都限定羊羹製『重陽』もあります。

販売期間:2018年9月7日〜9月9日
>>詳細はこちら

■新更科

名月の里、更級(更科)は現在の長野県北部の地名で、安永2年(1773)頃の作品。真っ赤に染まった月の美しさを表現した逸品です。

販売期間:9月上旬~10月中旬
>>詳細はこちら

■ホールインワン

大正15年(1926)の作品です。当時、三菱各社の幹部を集めたパーティーに、三菱財閥の総帥・岩崎小弥太夫妻が注文したものを改良したもの。※日本に最初にゴルフ場が出来たのが明治34年(1901)の神戸(神戸ゴルフ倶楽部)。
販売:赤坂店、東京ミッドタウン店、銀座店、日本橋三越、新宿伊勢丹、渋谷東急東横のれん街、京都一条店、TORAYA TOKYOのみ
>>詳細はこちら

■ささ栗

「きんとん製ささ栗黒煉切包白餡入」。煉切でつくった栗のまわりに、緑のいがに見立てたそぼろで表現。宝永7年平成6年(1710)から登場した和菓子です。当時は千菓子でした。東京・横浜・京都の一部にて取り扱い。2018年は、8月1日〜8月15日の(1710)み発売。

販売期間:2018年8月16日〜8月31日
>>詳細はこちら

■初秋(はつあき)

「栗製 初秋」。黄色い部分を黒砂糖入り琥珀羹で作られています。昭和9年(1934)から登場した和菓子です。東京・横浜・御殿場・京都の一部にて取り扱い。2018年は、8月16日〜栗生菓子販売開始まで発売。

販売期間:2018年8月16日〜栗生菓子販売開始まで
>>詳細はこちら

■下染(したぞめ)

「琥珀製 下染」。中心部分を白餡、色付き始めた紅葉は琥珀羹で作られています。文政12年(1829)から登場した和菓子です。東京・横浜・御殿場・京都の一部にて取り扱い。2018年は、8月16日〜8月31日のみ発売。

販売期間:2018年8月16日〜8月31日
>>詳細はこちら

■和三盆糖入 お汁粉(夏)

とらやの夏のお汁粉3種類。「御膳汁粉」「小倉汁粉」「白小倉汁粉」。北海道・十勝の徳島県産の和三盆糖。 風味が豊かで舌触りの良い上質なあんこが楽しめます。

販売期間:4月中旬~8月下旬
>>詳細はこちら

■アルコール入かき氷

地下3階で作られる、銀座だけでしか手に入らない「あんペースト」を使ったかき氷が食べられる「銀座ソニーパーク」季節限定のポップアップストア。入り口が異なり間違えやすいのでご注意を。

>>詳細はこちら

■西瓜

「琥珀製 西瓜」。果肉部分は紅羊羹、果皮は琥珀羹、種は小豆で作られています。平成6年(1994)から登場した和菓子です。東京・横浜・京都の一部にて取り扱い。2018年は、8月1日〜8月15日のみ発売。

>>詳細はこちら

■向日葵

「きんとん製 向日葵 御膳餡包水羊羹製角芯入」。種の部分は御膳餡、花びらは黄色のそぼろで作られています。平成元年(1989)から登場した和菓子です。
販売期間:2018年7月16日~7月31日
>>詳細はこちら

■若葉蔭(わかばかげ)

一部のとらやでしか扱っていない生菓子。
7月の生菓子もいろいろ発売されていますが、特にイチオシなのが『若葉蔭(わかばかげ)』。大正7年(1918)からある和菓子です。
販売期間:2018年7月8日〜2018年7月31日
>>詳細はこちら

■れもん氷/梅氷

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた、とらやの新コンセプト「トラヤ アオヤマ(TORAYA AOYAMA)」がオープンしたので、外苑前まで。さっそく、ここでしか食べれないかき氷「レモン氷」と「梅氷」をいただいちゃいました。

販売期間:2018年7月2日(月)〜2021年1月予定
>>詳細はこちら

■エッフェル塔の夕暮れ

パリ店オープン30周年を記念した幻の限定品『エッフェル塔の夕暮れ』を再販売しています。なかなか入手できないレアな和菓子なのでとても気になります。次に出会えるのは、いつのことになるやら。さっそく、東京ミッドタウン「とらや」に足を運んできました。

販売期間:2018年5月30日~2018年9月3日
>>詳細はこちら

■珈琲入羊羹

以前は通常メニューとして販売していた『珈琲入羊羹』。最近は不定期的に復活するので、昔から「とらや」を愛用しているお父さんには、とても懐かしい味でしょうね。今回の販売期間は2018年5月14日~6月下旬、父の日用ギフトとしてもぴったりです。

販売期間:2018年5月14日~6月下旬
>>詳細はこちら

■水羊羹 御膳

和菓子の老舗「とらや」から『水羊羹 御膳 母の日限定パッケージ』が登場しました。母の日のギフトとして是非とも贈りたい一品になっています。母の日限定商品の販売期間は2018年4月18日~5月13日まで。『水羊羹 御膳』自体は季節限定メニューとして2018年4月16日~8月下旬の期間に販売されます。

販売期間:2018年4月16日~8月下旬
>>詳細はこちら

                             
  • facebook
  • LINEで送る
  •